エステティシャンが教えるコスメジプシーにならない化粧品の選び方〜化粧水のお仕事編〜

化粧水

肌は干しシイタケといっしょ

ここ数年すべての基礎化粧をこれ一本でというタイプの化粧品がよく見受けられました。主にはジェルタイプのものが多いのですが、BBクリームの流行辺りから加速したのでしょうか?より簡単に(時短?)できるお手入れも人気のようです。しかし、お肌の基礎を整え、美しさの根本のお手入れを省略するのはおすすめできません。お化粧品にはそれぞれの役割があります。

例えば化粧水というのは、洗顔後アルカリ性に傾いた肌表面を弱酸性にPHを整える役割があります。又、肌表面(角質層)というのは水分を10 %~30%程(湿度など環境によって変動します)含んでいるのですが実はこれは、ほぼ干シイタケやするめイカと同じ水分量になります。

その肌と同じ水分量の干しシイタケをジェルやオイルに何時間つけていても全く戻りません。水につけて初めてふやけて味がしみ込むのと同じ様に、化粧水で角質層をふやかし、柔軟にするからこそ、ジェルやクリームの浸透が高まるのです。

保湿はお肌にとってとても大切なのですが、保湿というのは水分の供給と油分の供給があり、まずはしっかり化粧水で保水!それからはじめて美容液やクリームの効果が得られるのです。

乾燥ってどういう事?

これから、湿度もだんだん下がり暖房の使用頻度も上がります。当然お肌のうるおいはあっという間に下がります。『何か突っ張る、粉が吹く、カサカサする』こんな時はもうお肌の水分量はあっという間に蒸発し10%以下の危険ゾーンです。

水分が不足するとシワになるというイメージはもっていると思いますが、実は乾燥していると紫外線が肌にダイレクトに入ってきてしまうのでシミの原因にもなるのです。

そして乾燥を感じるとやたらとクリームを塗る方が多いのですが、水分の供給つまりローションでしっかり保湿をしてからクリームや乳液を使用してみてください。きっとオール イン ワン化粧品との差を感じるはずです。

化粧水の使い方

化粧水の付け方ただ、バシャバシャあびるように使うのが良いと思われがちですが、まず化粧水というのは肌表面の溝(肌溝と言います)に流れ込み、角質にジワッと染み広がります。乾いたスポンジ状の所に水を吸い込ませるので飽和状態になるとそれ以上は入りません。

しっかりしみ込ませるためには手でもコットンでもOKですが、しっかり抑え込むように首や唇まで丁寧に付けて下さい。

または週に1度でも良いのでローションをしっかりつけ、その上にラップをのせ、それから蒸しタオルで5分放置すればローションの浸透はぐっと高まります。そしてすかさず美容液やクリームでふたをしてあげましょう。

大切なのは保湿というのは、水分の保湿と油分の保湿があり、水分と油分の与えるタイミングは違うという事と化粧水は適量OK。と言う事です。

特に最近大人ニキビという言葉をよく耳にします。これは女性の男性化によるところも大きな原因で年々増加しているそうです。ニキビができやすい方は皮脂を取り除くためにこまめな洗顔をされていらっしゃいますが、皮脂を取り除くときに水分も奪ってしまいます。水分が不足すると、さらに皮脂分泌量が増えるという悪循環になりますので、もちろん清潔にしなくてはいけませんが、ここでもやはり水分の供給が大切なのです。

大人のニキビは案外この水分不足による悪化もあるようです。

水分での保湿を意識するといいですね。

おまけ

ただ、化粧水に限らず外側から何かを与えるというのは非常に難しい事も事実です。以前お伝えしたように肌は排泄器官ですので異物は当然入れないような構造になっています。

今、化粧品業界ではいかに肌に浸透、吸収させるかとしのぎを削っています(DDSドラッグデリバリーシステム)と言い、リポゾーム構造、又はナノテクノロジー、炭酸。そのあたりがキーワードになっています。私のサロンではナノ化粧水をおすすめしていますが、クリームなどふたの役割をしてほしい場合はわざと浸透しないタイプのものをお勧めするケースもあります。

要は肌のどこに働きかけるかという事でタイプも違ってくるという事です。

少し話がそれてしまいましたが、角質(垢)をフヤカしPHを調整することは最低限ローションの仕事としてご理解いただければと思います。

FAREIのフェイシャルメニューの詳細はこちら


上岡優子プロフィール 

上岡優子

  • ・AEA 日本エステティック業協会 認定講師
  • ・シデスコ インターナショナル エステティシャン
  • ・AEA インターナショナル エステティシャン
  • ・株式会社トラストウィングス 美容顧問 http://www.trustwings.com/
  • ・株式会社U・T・P 美容顧問 http://www.utp.co.jp/
 

2014年10月30日

カテゴリー : ブログ