油断大敵!放っておくと怖いムクミの正体と改善法

ムクミ

ムクミの正体

エステティックサロンのトリートメントの中で、よく“ムクミがひどいんです”という言葉が聞かれます。では“ムクミ”浮腫っていったい何でしょうか?
何となく余分な水分がたまっている、という感じは有ると思いますが、付け加えると老廃物も含んだ水分(体液)という事です。何となく放っておいてはいけないというイメージですよね。
では、なぜ余分な水分が排泄されずにたまってしまうのでしょうか?

 

リンパの流れ

人間の体には心臓から出て心臓に戻る動脈血と静脈血があります。
動脈血というのは酸素と栄養を含み、血管を通り体中の細胞に酸素と栄養を配って流れます。
一方、静脈血はその細胞から排泄された二酸化炭素や老廃物を回収し心臓に流れ戻ります。
これらは血管を通って流れているのですが、静脈で流しきれない大きな老廃物(脂肪酸など)を回収し、運び去ってくれるのがリンパ管を通るリンパ液です。少々乱暴ですが、血管よりも大きな隙間が開いていると考えていいでしょう。実は、血液もリンパ液もそれぞれの管から様々な成分が出たり入ったりしているのです。ただし赤血球は血管の中のみに存在しますので血液になると赤く見えますが、それ以外の成分はほぼ同じといえます。
話はそれてしまいましたが、静脈血で流しきれない老廃物をリンパ液として流しますから、リンパ管は静脈と並走して流れています。但し、先ほどお話ししたように血液は心臓をスタートし心臓に戻るのですが、リンパ液は末端(例えば指先)がスタートで回収が終わると静脈に還流します。

 

ムクミの原因

皆さんよくご存じの様に、心臓は常にポンプのような動きをしていて、じっと止まっていても眠っていても体中に勝手に血液を流してくれています。ですが、リンパ管は心臓の様な臓器を持たないので勝手に流れてはくれません。ここがリンパの流れの大きなポイントといえます。では、何によってながれるのでしょうか?
それは、骨格筋という筋肉の動きによってのみ流れているのです。ですから筋肉を動かさないとリンパ液は流れず、特にスタート地点である末端(四肢など)に老廃物が溶け込んだ組織液がたまりぶよぶよ腫れた状態になってしまいます。これがムクミ(浮腫)の正体です。
当然腫れあがったリンパ管は血管を圧迫しますので、血流が悪くなり冷えにもなりますし、たまりすぎた老廃物はリンパ管からにじみ出て、脂肪細胞にくっついて取り囲んでしまい絡まります。これがオレンジピールともいわれるセルライトです。見た目の問題もありますが、進行すると冷えどころか痛みを伴って解消するのは至難わざです。
さらに、こうして太くなってしまった足などは、ダイエットで解消されるものではないのです。

 

リンパを流すのはどうしたらいいの?

ストレッチ先ず、その日のムクミはその日のうちに排泄してあげる事がとても大切です。水分の摂取や排尿はもちろん、ストレッチや流行のラジオ体操、 、大股でゆっくり歩くウオーキングができれば理想的ですが、せめて夜寝る前に足を高く上げる(90度)事や、デスクワークや、長時間の同じ姿勢が続く場合は、手先からは脇の付け根(腋下リンパ節)、足先から足の付け根(鼠径リンパ節)に。肩や首からは胸の間(胸管リンパ管)に向かって軽くなでる程度に流してあげるだけでも良いでしょう。
着圧の強い靴下などもうまく利用されるといいと思います。

 

おまけの話

塩分を取りすぎると何故むくむかというと、塩分を多量に摂取すると体液のナトリウム濃度を中和しようとしてそれに伴い水分をかかえこんでしまうためです。
また、リンパ節では免疫をつかさどる抗体を産生したり、細菌や異物を排除したりする重要な役割も持っています。リンパの流れというのは見た目の問題もさることながら、健康にも深くかかわっています。
私たちエステティックではムクミの多いお客様に対してリンパドレナージュという求心性(末端から大きなリンパ管に向かって流す)のマッサージを行っています。人の手を借りながらリラグゼーションもかねてリンパを流す施術も一考かもしれませんね。

 

2014年8月4日

カテゴリー : ブログ