30代・40代の女性必見!女性ホルモンと老化の関係性

女性ホルモンと老化について40歳を過ぎると誰もが感じる代謝の低下。体の不調や肌の変化を強く感じるのはこのころからではないでしょうか?老化と女性ホルモンが深くかかわっているという事は広く知られてきました。では、そもそも女性ホルモンとは何でしょうか?女性ホルモンが減少すると何故老化がすすむのでしょうか?

女性ホルモンは2種類あります。『卵胞ホルモン』は卵巣から分泌されるホルモン。エストロゲンとも言い生理が終わり排卵直前まで分泌が高まります。美肌ホルモンとも言われ妊娠の準備をするホルモンでもあるため、本能的に異性を呼び寄せようと女性の肌や髪を美しく魅力的に見せてくれる力を持っています。その美肌効果は予想以上!つややかな肌をつくってくれます。

そしてもう一つが『黄体ホルモン』プロゲステロンといい、排卵後に分泌されるホルモンで妊娠の準備をするため子宮の内部を厚く守ろうとします。その為水分を蓄えようとする働きからムクんだり、体内を守ろうとメラニンの排泄も高まったりするのでシミが濃く感じたりすることもあります。

男性ホルモンも加齢とともに減少されますが、その減り方は女性に比べかなりゆるやかなので、男性の場合老化現象も穏やかです。

誰もがいつかは更年期に

40歳を過ぎた女性はこのホルモンの乱れにより徐々に新しい体へと変化し始めます。そのスピードは思ったより早く変化します。

この時私たちの身体の中ではいったい何が起こっているのでしょうか?小さくなり始めた卵巣は同時に女性ホルモンの生産も減少させます。

その、じわじわ減少するホルモンにストップをかけようと脳のホルモンコントロールセンターが騒ぎだすのです。このせめぎあいに自律神経がバランスを失いめまいやほてりなどの症状が現れます。皮膚では慢性的な乾燥、たるみ、かぶれ、かゆみ、老人性のイボやシミが増えるという老化がおこります。

若返りテクニック

さてこの老化に少しでもストップをかけたいと思うのはみんなの願い!そこで若返りの6ケ条

  1. 臭覚を使って女性ホルモンの分泌を高める。特にアロマテラピーはお勧めで中でもダマスクローズの香りは若いときの様な疑似体験をさせます。
  2. 以前にもシンデレラタイムのお話しはしましたが、やはり10時から2時の間に眠りを確保
  3. 女性ホルモンを助ける食材を多く取り入れる。特にイソフラボンが有効で食材としては大豆製品は欠かせません
  4. ストレスを溜めずよく笑うことが大切。ストレスを感じるとコルチゾールが大量に分泌され、女性ホルモンの分泌をさらに妨げます。笑うという事はコルチゾールの値を大きく下げるという事が知られています。
  5. ピンクを身に着ける。ピンクは脳が女性ホルモンの分泌を促す研究結果がでています。
  6. ドキドキ、ウキウキ感を忘れずに。妄想でもときめくことは女性ホルモンの分泌を高めます。

いかがでしょうか?日ごろ出来そうなことも沢山あります。少しでも若々しく年をかさねたいですね!

おまけ

サロンでもイソフラボンや プエラリアミリフィカという女性ホルモン様成分をたっぷり使用した化粧品でのお手入れは欠かせません!

老化ストップのお手伝い致します。FAREIのメニューはこちら


上岡優子プロフィール 

上岡優子

  • ・AEA 日本エステティック業協会 認定講師
  • ・シデスコ インターナショナル エステティシャン
  • ・AEA インターナショナル エステティシャン
  • ・株式会社トラストウィングス 美容顧問 http://www.trustwings.com/
  • ・株式会社U・T・P 美容顧問 http://www.utp.co.jp/
 

2015年2月24日

カテゴリー : ブログ